レッドダイヤモンドとは

レッドダイヤモンドとは、その名前の通り、赤い色がついている事が特徴のダイヤモンドです。
ダイヤモンドといえば、無色透明をイメージする人が多いでしょう。
市場に多く出まわり、そして常に安定した人気を誇るのは無色透明ですが、ダイヤモンドの中には、無色透明ではなく色がついたカラーダイヤも存在します。
これらはカラーダイヤと呼ばれ、色合いによってイエローダイヤモンド、ピンクダイヤモンド等、様々な種類に分けられます。
そのカラーダイヤのひとつがレッドダイヤモンドなのです。
カラーダイヤの中でも色がとても鮮やかで濃い物は希少価値があるダイヤとなるのですが、レッドダイヤモンドは、カラーダイヤの中でも特に希少価値が高いとされています。
カラーダイヤは色が濃い程、価値が高くなるのですが、レッドの場合、色が薄くなれば、ピンクダイヤモンドに分類される事になります。
ですから、元々数が少ないピンクダイヤモンドの中に、ほんの一握りしか存在しないダイヤモンドが、レッドダイヤモンドとなります。
その為、相場は通常の透明のダイヤモンドよりも高くなっており、色合いや品質によってはとても高い値段がつく事になります。
これは、中古の宝石の買取の現場でも同じ事がいえます。

こちらのジュエリーファンはダイヤ買取専門店なのでオススメします。

パープルダイヤモンドとは

宝石の王様とも呼べるダイヤモンドですが、よく見られる無色のダイヤモンド以外にもいくつか種類があるのです。
そのうちの一つがパープルダイヤモンドです。
パープルダイヤモンドはその名前の通り、赤紫のような色をしていてピンクダイヤモンドとの判別が難しい宝石です。
色の濃淡によってピンク以外にもディープ、ブラウニッシュなどと評価されることもあるのが特徴です。
その希少価値は幻と呼ばれるレッドダイヤモンドにも勝るとも劣らないといわれ、出会った時に入手しなければ次はもう二度と出会えないかもしれない貴重な宝石です。
ピンクダイヤモンドやパープルダイヤモンドは石に含まれている炭素原子に、外から入ってきた窒素原子が隣接することで色がつくので、ピンクダイヤモンドに分類されるものが多いので貴重な宝石なようです。
カラーダイヤモンドの価値は大きさは勿論のこと色の濃さによって変わってきます。
色の濃いもののほうが評価は上がり、それに伴い価格も上がっていくのです。
パープルダイヤモンドの相場は1カラットに満たない物でも100万円ほどのようです。
もちろんこの価格はパープルダイヤモンドの価値だけでなく、カットの美しさや世界情勢、発掘にかかった期間に左右される場合があります。

Posted on: 2016年4月11日
Categories: ダイヤモンド